スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

少額訴訟とは?

 2011-05-07

Q.少額訴訟とは?


A.少額訴訟手続とは,請求金額が60万円以下の少額金銭請求事件に限り,迅速な紛争解決のために,手続を大幅に簡易化した訴訟手続のことをいう。



少額訴訟とは


少額訴訟手続とは,請求金額が60万円以下の少額金銭請求事件に限り,迅速な紛争解決のために,手続を大幅に簡易化した訴訟手続のことをいいます。


少額訴訟では,文字どおり,扱われる対象が60万円以下の金銭請求に限られています。したがって,金銭請求ではない事件や金銭請求であっても60万円を超える請求の事件では,少額訴訟を利用できません。


また,手続は,原則として1期日で終了します。1日で判決までなされるのが通常ですが,和解の見込みがある場合などはもう1期日行われることもあります。


しかし,1期日で審理を終えるということは,1日で主張立証をすべて整理して証拠調べまでしなければならないということです。そのため,提出できる証拠は即時に取り調べられるものに限られます。


即時に取り調べることができる証拠とは,原則として,書面を意味していると考えてよいでしょう。証人が必要となる場合は,当日に連れていって証言してもらわなければなりません。


また,1期日で終了ですから,当事者の側からすれば,その日までに主張立証を尽くさなければならないということです。


少額訴訟は,その少額訴訟をした裁判所に異議申立てはできるものの,上級審への控訴は認められていません。そのため,上級審へ控訴する権利を保障する観点から,相手方(被告)は,少額訴訟を拒絶することができるとされています。被告が少額訴訟を拒絶すると,事件は通常の訴訟事件に移行します。



少額訴訟の注意点


少額訴訟は,手続が簡易であること,原則1回の期日で終了することなどのメリットがあります。


しかし,デメリットがないわけでもありません。1回の期日で終了するということは,その期日までに主張と立証を尽くさなければならないということです。したがって,当事者としては,それまでに証拠をすべて提出しなければなりません。


少額訴訟は,「1回で終了」するにすぎません。「1回で勝訴」できるわけではないのです。簡易化されているとはいえ,訴訟である以上,証拠がなければ敗訴します。つまり,証拠がそろっていなければ「1回で敗訴」してしまう危険性もあります。


しかも,少額訴訟では控訴が認められていません。少額訴訟をしたのと同じ裁判所に対して異議申立てをすることができるというだけです。そのため,少額訴訟で敗訴した場合,違う裁判所で判断してもらうということができないのです。


したがって,単に簡単で迅速そうだからという理由だけで少額訴訟を選択するのは危険な場合もありますので,注意が必要です。


また,事実や証拠が複雑で,1日で審理することが困難であるような場合には,裁判所が職権で,事件を通常訴訟に移行させるということもあります。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sinnmai64.blog24.fc2.com/tb.php/81-8a4a204e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。