スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

民事執行法上の差押禁止債権とは?

 2009-03-22
Q.民事執行法上の差押禁止債権とは?

A.民事執行法第152条によって,差押えが禁止されている債権のことをいう。



差押禁止債権とは・・・

【民事執行法 第152条】
1 次に掲げる債権については、その支払期に受けるべき給付の4分の3に相当する部分(その額が標準的な世帯の必要生計費を勘案して政令で定める額を超えるときは、政令で定める額に相当する部分)は、差し押さえてはならない。
 ① 債務者が国及び地方公共団体以外の者から生計を維持するために支給を受ける継続的給付に係る債権
 ② 給料、賃金、俸給、退職年金及び賞与並びにこれらの性質を有する給与に係る債権
2 退職手当及びその性質を有する給与に係る債権については、その給付の4分の3に相当する部分は、差し押さえてはならない。
3 債権者が前条第1項各号に掲げる義務に係る金銭債権(金銭の支払を目的とする債権をいう。以下同じ。)を請求する場合における前2項の規定の適用については、前2項中「4分の3」とあるのは、「2分の1」とする。


見てもらえればお分かりかと思いますが,差押えが禁止されている債権は,生活していく上で是非なければならない債権ばかりです。

こういう債権を差し押さえられてしまうと,まったく収入が無くなって生きていくことすらできなくなります。 そういう事態が発生するのを防ぐため,上記の各債権は差押禁止とされているのです。



差押禁止債権の種類・・・

上記条文のとおり,一口に差押禁止債権とは言っても,いろいろな債権があります。 共通していることは,いずれの債権も,生活に必要不可欠な債権であるということです。

民事執行法上の差押禁止債権は,以下のとおりです。

 ・ 国等から受給している継続的給付に係る債権の4分の3
 ・ 給料等の請求権の4分の3
 ・ 退職金等の請求権の4分の3
 ・ 民事執行法第151条の2第1項に掲げる義務に係る債権の2分の1






【関連書籍】






・・・借金問題に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「債務整理の取扱説明書」をご覧下さい。




スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。